東京都の出会い系・彼女と他の男のセックスを目撃した僕を癒してくれた豊島区の女の子

彼女と他の男のセックスを目撃した僕を癒してくれた豊島区の女の子

MENU

彼女と他の男のセックスを目撃した僕を癒してくれた豊島区の女の子

彼女と他の男のセックスを目撃した僕を癒してくれた豊島区の女の子

 

「東京都豊島区 27歳 宝石鑑定士 男性 A.S」

 

大学を出て普通の会社に就職したものの、僕はどうしてもアメリカで宝石鑑定士の資格を取りたくて、会社を辞めて留学しました。

 

僕には留学する前から付き合っている薫という彼女がいましたが、もちろん留学期間中は一度も会っていません。

 

1年の留学期間を終えて帰ってくると、僕は無性に薫に会いたくなりました。

 

そうです。

 

1年間セックスしていなかったので、空港に降りて日本の空気を吸った途端、薫を抱きたくなったのです。

 

日本に帰ったら、一度実家に寄ってから翌日薫のマンションに行くつもりでしたが、急遽成田から彼女の部屋に直行することにしました。

 

薫にそのことを伝えようと電話したのですが、何度かけても電話に出ません。

 

しかたがないので、僕はそのまま彼女の部屋に向かいました。

 

薫が住むマンションは、山手線の池袋駅から10分ほどの場所にあります。

 

なつかしい薫の部屋の前に立ち、インターホンを押したのですが返事がありません。

 

とりあえず僕は部屋の中で待とうと思い、合い鍵でドアを開けました。

 

すると部屋の奥で騒がしい音がします。

 

「なんだいるのかよ。今帰ってきたぞ」

 

と言って上がると、「きゃあっ、明日じゃなかったの!」声のする方を見ると、奥のベッドの上に全裸の薫と男がいました

 

男は、よく見ると友人の吉田でした。

 

「これは…どういうこと?」

 

僕は見るみる血の気が引いていきました。

 

ベッドの2人も青い顔をして座っていますが、薫は掛布団で体をくるんで、顔を伏せているので頭しか見えません。

 

「明日って言ったのにどうして!」

 

顔を伏せたまま、薫は僕をなじるように叫びました。

 

「え、俺が悪いの?ククク」

 

僕は笑うしかありませんでした。

 

しかし、その笑いは2人には不気味に見えたかもしれません。

 

僕は薫はほっといて、吉田のほうを見ました。

 

すると彼は、「わ、悪かったよ。お前が留学から帰ってきたら薫を返すつもりだったんだよ

 

部屋の中には男物の服が散乱し、ノートパソコンまで置いてあります。

 

おそらく、吉田はこの部屋に入り浸っていたのでしょう。

 

そして、今日のうちに自分の物をすべて持ち帰るつもりだったのに違いありません。

 

それから薫は部屋を掃除して、明日は何食わぬ顔で僕を迎えるつもりだったのでしょう。

 

僕は急に涙がこぼれてきました。

 

吉田は急いでズボンを穿いて帰ろうとしています。

 

「おい吉田、帰ることはないよ」
「えっ」
「まだ終わってないんだろ?」

 

僕は口をゆがめて笑い、玄関に戻って靴を履きました。

 

「待って!話を聞いて!」

 

それから、薫の叫びを背中で聞きながら外に飛び出しました。

 

薫からの着信とLINEはすべて無視してふらふら歩き、池袋駅前にたどり着きました。

 

僕は近くの喫茶店に入ってスマホを取り出しました。

 

今日は薫とセックスできると思ったのにそれがだめになったので、僕は出会い系で相手を探すことにしたのです。

 

ご近所ステーション」という出会い系に登録すると、すぐに夏樹という女の子とメールをやりとりすることができました。

 

夏樹はムラムラすると、たまに出会い系でセックスの相手を探すのだそうです。

 

彼女と他の男のセックスを目撃した僕を癒してくれた豊島区の女の子

 

「僕はムシャクシャしてムラムラしてる」

 

とメールすると、「へー、何かあったの?」と返信が来ました。

 

そこで僕は今日あったことを話しました。

 

すると夏樹はすぐに「今から会おう」と言ってくれました。

 

「どこで待ち合わせすればいい?」と聞くと、「あなたは動かないで。こっちから行く」と言ってくれたのです。

 

夏樹は30分ほどで、僕のいる喫茶店に来てくれました。

 

長い髪をポニーテールにして、ほとんど化粧はしていません。

 

かなりあわてて来たのがわかります。

 

彼女は一目で僕を探し当て、「無事でよかった」とホッとした顔をしました。

 

「無事でよかったってどういう意味?」

 

すると彼女はウェイターが持ってきた水を飲み干して、「高校のクラスの男の子が、同じような目に遭って自殺したの」と答えました。

 

だから夏樹は僕のことを心配してくれたのです。

 

「見ず知らずの僕のためにありがとう」
「ううん、いいのよ」

 

僕たちはしばらく見つめ合っていましたが、まだ2人とも自己紹介もしていません。

 

夏樹とは初対面なのに、昔から知っているようななつかしさを覚えました

 

「ところで、お腹すかない? 私ペコペコなんだ」
「ああ、そうだね」

 

僕たちは喫茶店を出て、食事ができる店を探しました。

 

ルミネ池袋の8階にあるレストラン街に上がると、欧風料理と窯焼ピッツァの店がありました。

 

「ここおいしそうよ!」
「そうだね。ここにしよう」

 

僕たちは早速店の中に入りました。

 

「あー見て、アサイーボウルがある!」

 

メニューを見ていた夏樹が声を上げます。

 

「アサイーボウルってなに?」
「アマゾンフルーツよ。とってもヘルシーなの!」
「じゃあそれも頼もう」

 

僕たちはいくつか料理を注文して、ワインで乾杯しました。

 

「食欲あるから大丈夫みたいね」

 

夏樹は、僕が食べているのを見て微笑みました。

 

「何のこと?」
「今日あなたは大変な目に遭ったでしょ。でもそれだけ食べられれば大丈夫よ」
「正直言うと、できるだけ考えないようにしてる」
「そうか…」
「今は夏樹さんがいてくれるからいいけど、一人になったらどうなるかわからない」
「そんな…心配になるようなこと言わないでよ」

 

夏樹は唇を噛んで泣きそうな顔をしました。

 

「どうして泣くの?」
「だから言ったでしょう。同じようなことでクラスの男の子が自殺したって」
「ああ、そうだったね」
「私はその男の子とすごく仲がよかったからさあ…」
「そうか。それはつらかったね」
「うん…」

 

夏樹はコクリとうなづきました。

 

「あ、そうだ。のんびり食べてる場合じゃないよね。早く出ようよ」
「えっ、急にどうしたの?」

 

僕は夏樹が帰ってしまうのかと思いましたが、そうではないようです。

 

だって、早くエッチしたいでしょ?
「本当にいいの?」

 

すると夏樹は笑い出しました。

 

「ばかねえ、私たちは出会い系で会ったんだから、エッチするのが普通でしょ?」
「でも、僕が心配だから会ってくれたんだよね」
「うん、そうだよ。私はムラムラすると出会い系でエッチするって言ったでしょ?」
「うん」

 

夏樹はグラスに残ったワインを飲んで話を続けました。

 

「今日もムラムラするから誰かとエッチしようと思ったの。出会い系やったら何通かメールが来たから、その中から相手を選ぼうとしていたところに、あなたからメールが来たのよ。そして、その内容が悲痛なものだった」
「確かに悲痛だよね」

 

僕は苦笑いしました。

 

「あ、笑ったからまた元気になったみたいだね。よかった」
「今のは苦笑いだよ」
「苦笑いでも何でもいいの。笑顔が一番だから」

 

要するに、夏樹は今日エッチすることに決めていて、相手は誰でもよかったのだと言うのです。

 

「同じエッチするなら人助けになるほうがいいでしょ? だからあなたにしたのよ」
「なるほど」

 

僕はボトルに残ったワインをついで、一気に飲み干しました。

 

「ひとつ気になることがあるんだけど」

 

僕は夏樹に尋ねました。

 

「なに?」
「もしかすると、これは夏樹のクラスメートの導きじゃないのかな」
「なによ、オカルトみたいな話やめてよ…でも、もしかしたらそうかもね」
「そんな気がするよ。自分と同じ苦しみを味わってる人がいるから助けてあげてってね」
「じゃあ、タカくんがあなたに会わせてくれたんだ」

 

タカくんとは、そのクラスメートの名前のようです。

 

僕たちは店を出て、西池袋公園のそばにあるラブホテルに向かいました。

 

ラブホテルまで200メートルくらいでしたが、途中で立ち止まってキスをして、軽く胸を揉むと夏樹は「あっ」と声を上げてブルッと震えました。

 

「なんかすごいね」
「そうなの。ムラムラするとこうなるのよ」

 

その言葉どおり、夏樹のセックスはかなり激しいものでした。

 

僕は夏樹に何度も求められ、おかげで十分に性欲を満たすことができました。

 

「今度クラスメートの墓参りに行きたいな」
「あ、いいね。案内するよ。ところで、もう一回できる?」

 

夏樹は言い終わらないうちに、僕の上にまたがってきました

 

都市圏の方におすすめ ご近所ステーション

 

ご近所ステーション

 

都市圏の方におすすめ

↓↓↓↓↓

ご近所ステーション