千葉県の出会い系・嫁姑問題で悩む年上の人妻と動物園デート&千葉市のラブホでセックス

嫁姑問題で悩む年上の人妻と動物園デート&千葉市のラブホでセックス

MENU

嫁姑問題で悩む年上の人妻と動物園デート&千葉市のラブホでセックス

嫁姑問題で悩む年上の人妻と動物園デート&千葉市のラブホでセックス

 

「千葉県千葉市 26歳 アパレル業 男性 E.S」

 

彼女もいなくてさみしいので、僕は「会えるご近所さん千葉県エリア」という出会い系で、彼女を見つけることにしました。

 

しかし、よさそうだと思う女の子にメールしても、なかなか返事をもらえません。

 

たまに返事が来ると、「たくさんメールをもらったので」というお断りのメールばかりでした。

 

中には待ち合わせの場所と時間を決めても、行ってみると女の子が来ないこともありました。

 

そんなことが何度か続いたので、僕は少し年齢層を広げて、30代の女性にもメールを出してみました。

 

すると、33歳の陽子という女性から返信がありました。

 

そして、何度かメールをやりとりするうちに、一度会ってみようということになりました。

 

だいぶ年が離れているし、結婚している女性なので迷いましたが、ずっと彼女がいなくてセックスしてなかったので、陽子さんと会ってみることにしました。

 

陽子さんは、夫の実家に住んでいて昼間は姑と2人きりなので、息が詰まりそうだと愚痴をこぼしていました。

 

そこで、陽子さんを動物園に連れて行けば、気分転換になると思って提案したら大乗り気でした。

 

僕と陽子さんの家から比較的近い場所に、千葉市動物公園という動物園があります。

 

僕たちはそこで会うことにしました。

 

約束の日、僕はタウンライナーに乗って、動物公園駅で待ち合わせしました。

 

僕は少し早めに着くように家を出たのですが、陽子さんはすでに到着していました。

 

「初めまして」
「こんにちは」

 

僕たちは少し緊張しながら挨拶を交わしました。

 

しかし、陽子さんに会って僕は少しがっかりしました。

 

それは、陽子さんが太目の体型だったからです。

 

着ている洋服もあまりセンスがよくありません。

 

陽子さんは前に、夫とはセックスレスだとメールしてきたことがありますが、それは太っているからではないかと、僕は彼女を見て思いました。

 

しかし、僕がそんなことを考えているとも知らず、陽子さんは上機嫌です。

 

普段は外出することもままならないので、今日は思い切り楽しむつもりなのでしょう。

 

最初はガッカリしていた僕も、明るい陽子さんと園内を回っているうちに、気分が明るくなってきました

 

「見て見て、かわいい!」

 

陽子さんが指さす方を見ると、レッサーパンダがいました。

 

「あれえ、レッサーパンダって笹食べるの?」
「そうみたいですね」

 

僕も知らなかったのですが、レッサーパンダは確かに笹を食べていました。

 

次に見たのはライオンでした。

 

「わー、やっぱり近くで見ると迫力あるわねえ」

 

陽子さんは僕に同意を求めるように話しかけてきます。

 

僕が「そうですね」と答えると、それだけでうれしそうな顔をします。

 

決して美人ではないのですが、その表情からやさしさがにじみ出ていました

 

「わぁ、なんであんなに首が長いのかしら」

 

キリンを見た陽子さんが目を見張ります。

 

これまで何度もキリンを見ているはずなのに、まるで初めて動物園に来たみたいにはしゃいでいます。

 

僕は、陽子さんってかわいい人だと思いました。

 

午後2時から、キリンが長い舌を伸ばして餌を食べるシーンが見られるそうですが、それまでにはだいぶ時間がありました。

 

「あらあ、残念ねえ」

 

陽子さんはそう言いながらも、最初に会ったときよりずっと明るい表情になっていました。

 

「動物を見るとストレス解消になりますね」
「あらあ、あなたもストレスがあるの?」

 

陽子さんは意外そうな顔で僕を見ました。

 

「そりゃあありますよ」
「そうよね。みんなストレスがあるわよね」

 

彼女の言い方は、自分を納得させるような口調でした。

 

僕たちは、動物を見ている間に手をつないでいました。

 

手をつなぐことには陽子さんのほうが積極的で、僕の手をギュッと握ったままでした

 

嫁姑問題で悩む年上の人妻と動物園デート&千葉市のラブホでセックス

 

少し歩くとレストランがありました。

 

ちょうどお昼の時間だったので、僕たちはそこで食事をしました。

 

「これからどうします?」

 

僕は食事をしながら陽子さんに尋ねました。

 

「そうねえ」

 

陽子さんは少し考えました。

 

まだ昼過ぎなので、時間はたっぷりあります。

 

「だったら、都賀駅まで行きませんか?」

 

僕は陽子さんに提案しました。

 

都賀駅とは、タウンライナーとつながっている総武本線の駅です。

 

陽子さんは、都賀駅に行ってどうするのかは聞きませんでした。

 

もしかすると、陽子さんはこのときから、僕が何を考えているのかわかっていたのかもしれません

 

僕たちは、動物公園駅からタウンライナーに乗って都賀駅に向かいました。

 

都賀駅に着くまで、僕たちは手を握ったまま何もしゃべりませんでした。

 

都賀駅を降りると、僕たちはタクシーを拾って乗り込みました。

 

僕は行先を訊ねる運転手に小声でこう伝えました。

 

高速の近くにラブホテルがありますよね?

 

すると運転手は少し考えてから、「ああ、ありますね」と答えました。

 

「そこまでお願いします」と告げると、タクシーはゆっくり滑り出しました。

 

いくら小声で言っても、隣に乗っている陽子さんに聞こえないはずがありません。

 

陽子さんは黙っていましたから、彼女は最初から僕がラブホテルに行くことを知っていたのでしょう。

 

ラブホテルに着くまで僕たちは何もしゃべらず、まるで他人どうしみたいに、別々の方向を見て乗っていました。

 

ラブホテルに着いて部屋に入ると、僕たちはすぐに抱き合って貪るようにキスをしました

 

セックスに飢えた2人ですから、ラブホに入れば何の遠慮もいりません。

 

口の中に舌を挿し込むとすぐに陽子さんの舌が絡んできて、激しいディープキスになりました。

 

キスをしながら服の上から乳房を揉むと、陽子さんは「ああん」と声を上げて僕の股間に手を伸ばしました。

 

「すごい、もうこんなになってる」

 

陽子さんは器用な手つきでズボンのベルトを外し、チャックを下ろしてペニスを引き出しました。

 

「ああ、もう我慢できない」

 

陽子さんは僕の前にひざまづいてペニスを咥えました。

 

そしてすぐにフェラチオを始め、じゅぼっじゅぼっと卑猥な音が部屋の中に響き渡りました。

 

陽子さんはペニスを咥えたまま服を脱ぎ始めました。

 

上半身を脱ぎ、ブラも取って乳房を露わにすると、今度はスカートとパンティを一気に下ろしました。

 

それからベッドに仰向けに寝転んで、「早く来て」と言って両足を左右に広げたのです。

 

股間のワレメを見たらもう我慢できません。

 

僕は急いでコンドームを着けてベッドに上がり、陽子さんの太ももの間に両膝をつくと、ペニスを握って一気に穴の中に挿し込みました

 

「ああん!」

 

すると途端に陽子さんが絶叫して、白い喉を見せてのけ反りました。

 

「あん、あん、いいっ」

 

陽子さんは背中に腕を回してしがみつき、僕の動きに合わせるように下から腰を突き上げます。

 

「ああっ、硬い、硬い!すごいよぉ!」

 

陽子さんは半狂乱になって喘ぎまくり、グングン昇り詰めていきました。

 

すぐに全身が小刻みに震えだして、「あっ、だめぇ!イッちゃう!」陽子さんはひときわ甲高い声を出して絶頂していきました

 

僕はまだイッていないので腰を振り続けていると、陽子さんは首を左右に振って、「あっ、あっ、ぃやあ!またくるぅ!」と絶叫し、「あうっ、あうっ」とうめきながら2度目の絶頂を迎えました。

 

次の瞬間、「あうっ、出るっ」とうめいて、僕もあとを追うように射精しました。

 

僕たちはこの日、夕方までに3度セックスしました。

 

この日から、僕は陽子さんとたびたび会うようになりました

 

陽子さんはストレス解消になるし、僕にとっても彼女は都合のいい性処理相手でした。

 

僕たちの都合のいい関係は2年くらい続いて自然消滅していきました。

 

埼玉県・千葉県・東京都でおすすめ 会えるご近所さん

 

会えるご近所さん

 

埼玉県・千葉県・東京都でおすすめ

↓↓↓↓↓

会えるご近所さん