山梨県の出会い系・甲府市で偶然会った同僚の彼女をラブホに連れ込んで中出し

エッチ体験のイメージ

MENU

山梨県の出会い系・甲府市で偶然会った同僚の彼女をラブホに連れ込んで中出し

甲府市の出会い系で偶然会った同僚の彼女をラブホに連れ込んで中出し

 

「山梨県甲府市 29歳 会社員 男性 Y.M」

 

出会い系をやっていたら、思いがけないことが起こりました。

 

ご近所スタイル山梨県甲府市エリア」で相手を探していたのですが、25歳の加奈という女の子とアポを取ることができました。

 

僕は出会い系で女の子と会う約束ができて、有頂天になっていました。

 

もちろん、本当に女の子が来てくれるかどうかわかりません。

 

でも僕は必ず来てくれると信じて、約束した甲府駅南口の武田信玄公の銅像前で待っていました。

 

すると、約束の時間をちょっと過ぎた頃に、駅の改札からこっちに向かって走ってくる女の子がいました

 

それが加奈でした。

 

加奈は「初めまして」と挨拶しながら、乱れた髪を手ぐしで直していました。

 

加奈は髪が長くスレンダーな美人です。

 

こんなに美人なのに、どうして出会い系なんかやるのだろうというのが、僕の第一印象でした。

 

それと同時に、加奈とはどこかで会ったような気がしていました。

 

もちろん、他人の空似かもしれません。

 

僕ははっきり思い出せないまま、駅のそばにあるモスバーガーでコーヒーを飲みながら話をしました。

 

しかし、話の内容はごく普通の世間話ばかりで、出会い系の話など少しも出ません。

 

これからエッチな雰囲気に持っていこうにも、相手が美人だと意外に話を切り出しにくいものです。

 

また、そんな美人がなぜ出会い系をやっているのかも、聞き出すことはできませんでした。

 

そういう話をするには、ハンバーガーショップのにぎやかな店内では、ちょっと無理なようです。

 

僕は場所を変えようと思いました。

 

「近くにおいしいピザ屋があるんだけど、よかったら行かない?」

 

僕は加奈を食事に誘いました。

 

「そういえばお腹すきましたね」
「よし、行こう」

 

僕は、甲府駅南口の県庁前交差点を右に入ったところにある、石窯焼きのピザ専門店に加奈を連れて行きました。

 

ここは、オーガニック野菜を使ったイタリア料理がおいしいので有名です。

 

僕はピザが焼けるのを待つ間にビールを飲んでいましたが、そのときふと、加奈をどこで見たのか思い出しました。

 

会社の同僚に工藤という男がいるのですが、彼はよく彼女の自慢をしていました。

 

「彼女の写真ないの?」
「あー、あるよ。見せてあげようか」

 

同僚の1人が言ったので、工藤は会社のパソコンで自分のSNSを開いて、そこに載っている写真を見せてくれました。

 

「おおー、美人じゃないか」

 

その場にいた数人の同僚たちからどよめきが上がりました。

 

工藤の彼女はそれほど美人でしたが、その写真の女の子が加奈にそっくりだったことを、僕は思い出したのです。

 

ちょうどそのとき、加奈がトイレに立ったので、僕は急いでスマホを出して工藤のSNSを検索しました。

 

工藤は、「工藤〇〇の部屋」というふうに、自分の本名をタイトルにつけていたので、すぐに見つかりました。

 

SNSに貼ってある写真は、まぎれもなく加奈に見えますが、絶対そうだという確証がありません。

 

そこで僕は、写真の女の子の特徴を探しました。

 

すると、顎の右側に小さなほくろが2つ並んでいるのを見つけきました。

 

もし加奈にも同じ位置にほくろがあれば、同一人物に間違いありません。

 

僕はトイレから戻ってきた加奈の顔を、気づかれないように観察しました。

 

するとありました!

 

同じ位置にほくろが2個あったのです。

 

これで、加奈は工藤の彼女に間違いありません。

 

では、それがわかったらどうすればいいのでしょうか。

 

出会い系で会った女の子が同僚の彼女だとわかったら、何もしないで帰るのが常識的な行動かもしれません。

 

しかし、僕は違いました。

 

それは、せっかく出会い系で会った女の子を逃したくないという気持ちもありましたが、そのほかにもうひとつ理由があったのです。

 

甲府市の出会い系で偶然会った同僚の彼女をラブホに連れ込んで中出し

 

僕と工藤は同期入社ですが、それほど仲がいいわけではありません。

 

それに、同期なので社内では何かと比べられることが多いのですが、工藤は僕よりいい大学を出ている上に、仕事も僕よりできるのです。

 

おまけに工藤には美人の彼女もいますから、僕はすべてにおいて工藤に差をつけられていました。

 

そのとき僕は、加奈とセックスできたら、ちょっとだけ工藤に勝った気分になれると思ったのです。

 

そんな勝ち方しかできない自分がなさけないと思いましたが、それよりも、とにかく目の前の加奈を抱きたいという気持ちのほうが勝っていました。

 

とりあえず、僕ははやる気持ちを抑えながら、加奈に「ラブホテルに行こう」と持ち掛けました。

 

これで返事が「ノー」なら、同僚の彼女を寝取る罪悪感を持たずに済むので、それならそれでもいいという気持ちでした。

 

しかし、幸か不幸か加奈の返事は「イエス」でした。

 

僕は彼女の返事に9割喜び、1割後ろめたさを感じながら、店を出てタクシーを拾いました。

 

「すいません、近くにラブホテルはありますか?」

 

僕はタクシーに乗る前に運転手に尋ねました。

 

すると塩崎駅の近くにラブホテルがあるというので、僕はまだ少しだけ迷っている加奈を、無理やりタクシーの中に押し込みました。

 

「あの、ちょっと待ってください」
「どうして?さっきOKって言ったでしょ」
「でもやっぱり…」

 

そんな話をしているうちに、タクシーは静かに発進しました。

 

僕は加奈が逃げ出さないように、タクシーに乗っているときから、しっかり彼女の腕をつかんでいました。

 

「嫌だ、離して」

 

思ったとおり、加奈はタクシーを降りると逃げようとしました。

 

僕は加奈の腕をつかんだまま、ラブホテルのフロントで鍵を受け取って部屋に向かいました。

 

「嫌です、こっちに来ないで」

 

部屋に入っても、加奈はかたくなに僕を遠ざけようとします。

 

「どうしてダメなの?」
「私、彼氏がいるんです」
「彼氏がいるのに、どうして出会い系に登録したの?」

 

僕はそんなの知ってるよ、と思いながら尋ねました。

 

「最近、彼氏と結婚が決まって…そしたら、他の男の人ともちょっとだけ付き合ってみたくなっちゃって…」

 

「へー、工藤は結婚するんだ」と思ったけど、もちろん口には出しません。

 

「じゃあいいじゃん。ベッドに入ろうよ」
「嫌です、やっぱりこんなのいけない」
「ここまで来て、そんなの通用しないよ」
「じゃあ、どうすればいいですか?」

 

加奈はシクシク泣き出しました。

 

とりあえず、僕は加奈の前でズボンを脱ぎました。

 

「きゃあっ、そんなもの出さないで!」

 

加奈は顔をそむけて、首を左右に振っています。

 

「あれえ、おかしなこと言うなあ。ここは、そんなものを出す場所なんだよ」
「やだぁもう、帰りたい、帰りたいよう…」

 

加奈の泣き声はさらに大きくなりました。

 

「わかったよ。帰してやるから」
「ほんとですか」
「ああ、ほんとだよ。そのかわり、帰る前に口でしてよ」
「そんなの絶対イヤ!」
「だったら無理やりやっちゃうよ。体に傷がついたら彼氏に何て言うの?」
「…じゃあ洗ってきてください」
「だめだ」
「どうしてですか」
「俺がシャワー浴びてる間に帰るつもりだろ?」
「絶対帰りませんから」
「信用できないね。このまましゃぶれ」
「絶対イヤ!」
「あーもうめんどくせえ」

 

僕は加奈の腕をつかんでベッドの上に突き飛ばしました。

 

「あっ」と叫んで加奈がベッドに転がります。

 

僕は素早くベッドに上がり、スカートの中に手を入れてパンティを下ろそうとしました。

 

すると加奈はその手を両手でつかんで引き離そうとします。

 

僕はもう片方の手で彼女の乳房を揉みました。

 

すると「あっ」と叫んだ加奈が、今度は胸をかばおうとします。

 

僕は彼女が手を離した隙に、一気にパンティを引き下ろしました。

 

「イヤだあ、イヤだぁ!」

 

無防備になった太ももをこじ開けて、僕は無理やりペニスを挿入しました

 

「やだぁ、抜いてよ抜いてぇ!」

 

僕は号泣する加奈を押さえつけ、腰を振っているうちに気持ちよくなったので、そのまま中に出しました

 

それからしばらくたって、工藤が結婚するという話を聞きました。

 

しかも、どうやらできちゃった結婚らしいのです。

 

僕はまさかと思いました。

 

しかし、僕が加奈の中に出したのは1回だけですから、あれで妊娠した可能性は低いと思います。

 

しかし、工藤は一度飲んだ席で、「いつもゴムつけてたのになあ」と言っていたそうです。

 

僕は同期ですから、工藤の結婚式には必ず呼ばれます。

 

そのとき工藤の花嫁に会うのが、僕は今から楽しみです。

 

地方の方におすすめ ご近所スタイル

 

ご近所スタイル

 

地方の方におすすめ

↓↓↓↓↓

ご近所スタイル