愛知県の出会い系・名古屋市で何度もイキまくり、彼氏と結婚しても会いたいという幼稚園教諭

何度もイキまくり、彼氏と結婚しても僕と会いたいという幼稚園教諭

MENU

愛知県の出会い系・名古屋市で何度もイキまくり、彼氏と結婚しても会いたいという幼稚園教諭

何度もイキまくり、彼氏と結婚しても僕と会いたいという幼稚園教諭

 

「愛知県名古屋市 30歳 自営業 男性 Y.K」

 

世の中には、正常なセックスでは満足できないで、マニアックな行動に走る人がいます。

 

僕はときどき、「ご近所メール名古屋エリア」という出会い系を利用していますが、そこで出会った女性の中にもそういう人がいました。

 

仮にその女性をSさんと呼びましょう。

 

Sさんの職業は幼稚園教諭でした。

 

しかし、そんな固い職業にもかかわらず、彼女は監禁プレイなどのマニアックなプレイが好きだったのです。

 

いいえ、もしかすると、Sさんはただ単にMっ気が強い女性だったのかもしれません。

 

つまり、いたぶられることで悦びを感じる性癖ということです。

 

Sさんと最初に待ち合わせしたのは、名古屋駅西口にある「ゆりの噴水」の前でした。

 

噴水の中央に大きなモニュメントがあるので、目印にちょうどいいため、多くの人がここを待ち合わせ場所に使っています。

 

Sさんは、白のミニスカートにピンクのジャケットを着て、その下は白のブラウスという、いかにも幼稚園の先生というイメージの服装でした。

 

僕たちは簡単に挨拶を済ませ、駅の構内にあるカフェに入りました。

 

席に着くなりSさんはこう言いました。

 

「実は私、穿いてないんです」
「えっ」
だから、パンティを穿いてないんです

 

Sさんは、「だから」のあとは声を落として言いました。

 

カフェの店内は狭いので、そうしないと他の客に聞こえてしまいます。

 

「そんなに驚かないでください」

 

Sさんは、僕の顔を見てプ~ッと吹き出しました。

 

自分では普通にしていたつもりですが、おそらくすごく驚いた顔をしていたのでしょうね。

 

「いつも穿いてないんですか」

 

するとSさんは口元に手を当て、「ときどき」と言っておかしそうに笑いました。

 

何がおかしいのかわかりませんが、よほど僕の態度がキョドっていたのでしょう。

 

とにかく、これでSさんとの距離は一気に縮まりましたから、僕にとっては好都合です。

 

僕は、Sさんとセックスできる確率はかなり高いと思いました。

 

何度も出会い系をやっていると、セックスできるかどうかは会ってすぐわかるようになります

 

これまでにも、Sさんはノーパンで外出することがあったそうです。

 

でも、それはせいぜい近所のコンビニまでで、ノーパンでバスに乗ったのは今日が初めてということでした。

 

会ってから30分もたつと僕たちはすっかり打ち解けて、ラブホに誘っても大丈夫という雰囲気でした。

 

しかし、それでも「ラブホに行きましょう」と言うときはドキドキするものです。

 

いくら和気あいあいとした雰囲気でも、ラブホに誘った途端、態度が変わることもあるからです。

 

出会い系でセックスまで行きつけるかどうかは、ギリギリまでわかりません。

 

僕たちはカフェを出て、駅の近くにあるラブホに向かいました。

 

歩きながらそっと手を握ると指を絡めてきました。

 

絡んだ指先からSさんのぬくもりが伝わってきます。

 

肩を抱くと小刻みに震えていました。

 

しかし、それは僕に対する警戒心ではなく、ノーパンだから興奮しているのでした。

 

「あー、どうしよう。すごく濡れてきた」
「へぇー、そうなの」

 

と答えた僕の声はかすれていました。

 

Sさんは僕の腕にしがみついているので、彼女の胸の柔らかい感触がダイレクトに伝わってきます。

 

僕はいきりたつ股間をなだめながら、これから起ることに期待を膨らませていました。

 

ラブホに着くと、僕は上にブラウスを着ただけで、下半身裸のSさんを部屋から出して鍵をかけました。

 

これでSさんは部屋に戻ることができません。

 

ブラウス1枚の格好で通路にいるところを、誰かに見られるかもしれません。

 

何度もイキまくり、彼氏と結婚しても僕と会いたいという幼稚園教諭

 

しかし、これはSさんに頼まれてやったことなのです。

 

「私がどんなに頼んでも、5分間は絶対に開けないで」
「わかった」

 

そういう約束で外に出したのですが、ドアにカギをかけた途端、「やだ、開けて!」と叫んでドアをドンドンたたくのです。

 

僕はどうしたらいいかわからず、混乱してしまいました。

 

でも、5分間は開けないという約束だったので、それを守りました。

 

5分間、彼女はずっとドアをたたいて泣いていました。

 

5分たってドアを開けると、Sさんは涙を流して震えながら入ってきました。

 

Sサンは僕にしがみついて、「ベッドに連れてって」と震える声で言いました

 

ベッドに寝かせると、「すぐ入れて」としがみついてきます。

 

言われたとおりすぐに挿入すると、Sさんの股間はびっくりするほど濡れていました。

 

ドアの外にいる間に誰か通ったら、恥ずかしい姿を見られてしまいます。

 

見られなかったとしても、いつ人が通るか分からない状態ですから、その興奮は大変なものです。

 

だから、そのあとのセックスはものすごい乱れようで、挿入してすぐに1回目の絶頂を迎えました

 

「あうっ、イッちゃう!」と叫んだSさんは僕の肩に噛みつきました。

 

突然のことでびっくりしてしまって、僕はもう少しで悲鳴を上げるところでした。

 

だって、咬まれたのは初めてですから、驚くのも無理はありません。

 

Sさんは2度目3度目の絶頂を続けざまに迎え、僕もしだいに射精感が高まって限界が迫っていました。

 

「俺も出すよ!」

 

僕はSさんに射精することを告げてから、猛烈に腰を振って最後はペニスを抜いて彼女のお腹の上に精液を出しました

 

僕は彼女に早く入れてとせがまれ、コンドームをつける間もなく挿入していたのです。

 

その後、Sさんとはしばらく付き合いましたが、いつもこのパターンでした。

 

何度目かにラブホに行ったときのことです。

 

部屋に入るなり、僕はSさんの下半身を裸にして、「外に出ろ」と言って腕を引っ張りました。

 

「えっ」

 

これまでと違う僕の態度に、Sさんが血相を変えます。

 

いつもはSさんが自分から外に出るのですが、このときはSさんが出る前に僕が引っ張り出そうとしたのです。

 

僕のそんな態度を見たのは初めてですから、Sさんはとてもおびえていました。

 

そして外に出て5分たって中に入れたときは、Sさんは激しく泣きじゃくっていました。

 

もちろん、そのあとのセックスがいつもに増して激しかったのは、言うまでもありません。

 

放置プレイのあとにセックスすると、全身にものすごい快感が走るとSさんは言っていました。

 

おそらく彼女は、その強烈な快感が病みつきになってしまったのでしょう。

 

挿入すると、いつもSさんはシーツを握りしめて絶頂しました。

 

彼女がイクと膣がギュッと締まるので、僕もこれまでに味わったことのない快感に包まれます

 

「すごく締まってるよ」と耳元で囁くと、頬を真っ赤にして「あんっ、そんなこと、言わないでっ」と言いながらまた昇り詰めていきます。

 

もはや、彼女は普通のセックスでは物足りなくなっていました。

 

しばらくすると、Sさんに彼氏ができて僕とは疎遠になっていきました。

 

結局僕はただのセフレでしかありませんでした。

 

そして、自然消滅するように、僕たちの関係は終わりました。

 

だけど、僕もそのほうがいいと思っていました。

 

一流企業に勤める彼氏のほうが、Sさんを幸せにできると思ったからです。

 

ところが、それからだいぶたってから、Sさんから突然電話がかかってきました。

 

Sさんは会いたいと言うのです。

 

僕は迷いました。

 

会えばまた元の関係に戻ってしまうからです。

 

でもやっぱり会いたくなって、翌日ゆりの噴水の前で待ち合わせました。

 

僕たちは、会って30分後にはラブホのベッドの中で全裸になっていました

 

久しぶりのセックスはちょっとぎこちないものでした。

 

Sさんは今では他人の女です。

 

そのSさんを抱くのですから、そうなるのは当然でした。

 

しかし、挿入してしまうと、すぐにもとの2人に戻ることができました。

 

Sさんは彼氏と結婚することになったそうです。

 

でも、「あなたのほうがセックスの相性がいい」と言ってしがみつき、Sさんは僕の腕の中で何度も絶頂を迎えました

 

「結婚してもときどき会ってくれる?」

 

Sさんにそう言われ、僕は黙ってうなづきました。

 

名古屋・愛知県でおすすめ ご近所メール

 

ご近所メール

 

名古屋・愛知県でおすすめ

↓↓↓↓↓

ご近所メール