東京都の出会い系・20年以上セックスしていない熟女と世田谷の和風ラブホテルでエッチ

20年以上セックスしていない熟女と世田谷の和風ラブホテルでエッチ

MENU

東京都の出会い系・20年以上セックスしていない熟女と世田谷の和風ラブホテルでエッチ

20年以上セックスしていない熟女と世田谷の和風ラブホテルでエッチ

 

「東京都世田谷区 24歳 会社員 男性 T.K」

 

僕は東京に住んでいますが、たまに仕事で福岡や大阪に行くことがあります。

 

そんなときは、地元の出会い系で女の子と遊ぶこともあります。

 

でも、東京にいるときは、「近所のHな友達~身近なお友達とHな関係~」という出会い系サイトを利用しています。

 

僕はこの出会い系で何度も女の子をゲットしていますが、その中でも印象に残っている女性のことを書いてみましょう。

 

その女性は良美と言って、年齢は46歳でした。

 

別に僕は熟女好きではないのですが、プロフィールの写真を見て、何となくメッセージしてみたくなったのです。

 

ひと言でいうと、すごくかわいくて、僕にピッタリの女性のように感ました。

 

といっても、すごく年上だし、僕とは縁がないだろうと思いながら、ダメ元でメールしました。

 

すると意外にも、翌日メールが届いていました。

 

読んでみると、僕に会ってみたいと書いてあります。

 

良美は結婚して子供もいましたが、小さい頃に亡くなったそうです。

 

その子が生きていれば、僕と同い年だということでした。

 

僕には良美にピンとくるものがあり、彼女にも僕に対する何かがあったのです。

 

僕は運命なんて信じませんが、とにかく僕たちは何かに導かれるように会うことになりました

 

待ち合わせたのは、京王線の下高井戸駅でした。

 

なぜそこなのかはわかりませんが、おそらく彼女の家から近いのでしょう。

 

下高井戸なら僕の家からも近いので、すぐにOKの返事を出しました。

 

待ち合わせは、下高井戸駅のそばの2階にある喫茶店でした。

 

下高井戸は近くに大学があるので、学生でにぎわう町です。

 

僕は少し早く着いたので近くを散歩すると、食べ物屋がいっぱい軒を連ねていました。

 

指定された喫茶店で待っていると、良美は時間ぴったりにやってきました。

 

僕は良美が入ってきた瞬間にわかったし、彼女もすぐに僕がわかったようでした。

 

「こんなところまですいません」
「いいえ、とんでもありません」

 

僕たちは丁寧に挨拶を交わし、向かい合って座りました。

 

注文したコーヒーが運ばれてくると、僕たちはお互いのことを話し始めました。

 

良美は20歳で結婚して数年後に離婚していました。

 

「そうですか」

 

と僕が言ったとき、おかしなことが起こりました。

 

「そうなんです。あなたの言うとおり、子供が死んだから離婚になったんです」

 

良美が突然そんなことを言い出したのです。

 

「あの、僕は『そうですか』と言っただけですが」
「えっ、だって『子供が死んだから離婚になったんでしょ』って聞こえましたよ」

 

それを聞いて、今度は僕のほうが
ゾッとしました。

 

それは、僕が心の中で思ったことだったからです。

 

それが良美に聞こえたのでしょうか。

 

だとしたら、それは超能力に違いありません。

 

このことを良美に話すと、「超能力?ないない、私にそんな力はありません」と言って上品に笑いました。

 

「ハハハ、そうでしょうね」

 

僕も釣られて笑いました。

 

超能力なんて、この科学万能の時代にあるわけがありません。

 

でも、子供が死んだことで良美が夫と離婚したのは事実でした。

 

子供は病死したのに、夫は良美のせいで死んだと繰り返し、良美が耐えられなくなって実家に戻ったのでした。

 

その後、良美が再婚することはありませんでした。

 

そして数年前に母親が亡くなり、その直後から父親が認知症になって、良美が介護しているということでした。

 

「正直に話しますね」

 

良美は突然あらたまった言い方をしました。

 

「はい、何でしょう」
「実は、今日あなたに会ったことを半分後悔しています」
「……」

 

僕は良美が何を言いたいのか、まるでわかりませんでした。

 

「あなたに会って、思っていた人と違ったら、それはそれで納得できました。あとは忘れればいいだけだから。でも、あなたは思った通りの人だった。だから困ってます」
「ではあとの半分は?」
「もちろん会えてうれしかった」

 

僕の頭の中で何かがグルグル回り始めました。

 

「何だか謎めいてますね」
「わかりにくくてごめんなさいね」

 

良美はまた上品に笑いました。

 

20年以上セックスしていない熟女と世田谷の和風ラブホテルでエッチ

 

彼女と過ごす時間は楽しくて、気がつくと1時間以上たっていました。

 

「父の介護があるので、私はそろそろ帰らなくちゃならないけど、よかったら来週また会ってもらえませんか?
「ええ、いいですよ」
「じゃあ、今日は水曜日だから、来週の水曜日の同じ時間にこの店でいいですか?」
「わかりました」

 

それだけ言うと、良美は帰りました。

 

それから次の水曜日まで、僕も良美もメールはしませんでした。

 

そして水曜日の約束の時間に、僕はまたあの店に出かけました。

 

少し早めに着いて待っていると、良美は時間どおりに来ました。

 

テーブルをはさんで向かい側に座った良美は涙ぐんでいました。

 

「どうしたんですか」

 

僕は驚いて尋ねました。

 

「ごめんなさいね。あなたの姿を見たら涙が止まらなくて」

 

良美はハンカチで目頭を押さえました。

 

「この前はつまらない話ばかりでごめんなさい」
「いいえ、そんなことありません」
「私も出会い系がどんなものか知っています。あなただって、先週は期待して来たわけでしょう?」
「いや、そういうわけでは…」

 

僕は苦笑いしました。

 

こんなふうに言われて、はいそうですとは言えません。

 

「ううん、いいの。男の人はそうですものね」

 

良美は運ばれてきたレモンティーを飲み、軽く深呼吸してから口を開きました。

 

「驚かないで聞いてください」
「はい、何でしょうか」
今日はあなたに抱かれるつもりで来たんです
「は?…え?」

 

僕は戸惑いました。

 

聞き間違いかと思いましたが、そうではありません。

 

僕のあわてる様子を見て、良美が笑っています。

 

「だから驚かないでって言ったのに」
「でも、いきなりそんなことを言われたら驚きますよ」
「それはそうね」

 

良美は口元を隠して笑いました。

 

「今の話は本当ですか」
「もちろんよ。あなたが嫌でなければですけど」

 

良美はゆっくり顔を上げて僕を見ました。

 

「嫌なはずがないですよ」

 

僕はそう言って良美の目を見つめ返しました。

 

「そうですか、よかった。じゃあ、今からホテルに行きませんか。今日は父の介護をケアマネージャーに頼んできましたから」
「わかりました。でも、このへんにラブホがあるんですか?」
「1軒だけあるんです。和風ですけど」

 

そう言って良美が立ち上がり、僕もあとについて行きました。

 

ラブホテルまで、歩いて5分くらいでした。

 

甲州街道を渡って少し奥まったところに、そのラブホテルはありました。

 

ちょっと見には普通の一軒家にしか見えないので、知らないと見過ごしてしまいそうです。

 

通された部屋は純和風でした。

 

床は畳張りで、奥に布団が敷いてありました。

 

「シャワーを浴びましょうか」
「あ、そうですね」

 

ラブホテルは初めてではないのですが、僕は妙に緊張していました。

 

シャワーには最初に良美が入って、次に僕が入りました。

 

僕が浴衣を着て出てくると、先に出た良美は布団の上に座って待っていました。

 

僕は良美の隣に腰を下ろし、キスをしながら布団の上に倒れていきました。

 

キスしたまま浴衣の帯を外していくと、「恥ずかしいから電気を消して」そう言って、良美は両手で顔を覆いました。

 

浴衣をはだけると、小ぶりな乳房が露わになりました

 

その乳房に手を触れると「ひっ」と声を漏らします。

 

僕は片方ずつ乳首を口に含みながら乳房を揉みました。

 

すでに良美は息が荒くなっていて、クンニを始めると「あうっ」と声を上げて、一層息が激しくなりました。

 

クンニのあとで少しフェラチオしてもらって、いよいよ挿入することになりました。

 

すると良美は急に落ち着かなくなり、「20年以上してないからそっと入れて」と細い声で囁きました。

 

「わかりました」

 

僕は緊張した声で答え、コンドームをつけて挿入しました。

 

「あっ、あっ、あっ、あっ」

 

僕が動いている間、良美はずっと声を上げていましたが、イクことはありませんでした。

 

「イカなくてごめんなさいね。そろそろ疲れたでしょう? あなただけイッて」

 

良美にやさしく言われ、僕は勢いよく腰を振って射精しました。

 

良美は父親の介護疲れの癒しを僕に求めていました。

 

これまで何人か出会い系で会ったようですが、みんな合わなくて断ったそうです。

 

あなただけは他の人と全然違う。あなたさえよければ、ときどき会って欲しい

 

良美にそう頼まれ、僕は週1回会うことにしました。

 

良美は会うたびに明るくなっていき、最近ではセックスのたびにイクようになりました。

 

この前会ったとき、「よかったら今度家に来て」と言われました。

 

もちろん僕はOKしました。

 

これでまた一歩、良美との仲が深まっていくことになります。

 

都市圏の方におすすめ 近所のHな友達

 

近所のHな友達

 

都市圏の方におすすめ

↓↓↓↓↓

近所のHな友達