静岡県の出会い系・三島市でA型限定で会いたいという人妻にドライブ中に種付けセックス

三島市でA型限定で会いたいという人妻にドライブ中に種付けセックス

MENU

静岡県の三島市でA型限定で会いたいという人妻にドライブ中に種付けセックス

三島市でA型限定で会いたいという人妻にドライブ中に種付けセックス

 

「静岡県三島市 28歳 流通業 男性 S.T」

 

出会い系でいろんな女に会ったけど、ちょっとびっくりするような女がいたので書いてみます。

 

遥という27歳の女は、「A型の人だけメールください」とメッセージしていました。

 

僕もA型なのでメールしてみましたが、「その理由は会ってから話す」というだけで、それから返信がなくなりました。

 

こちらからのメールにも何も答えてくれません。

 

こういう場合は、たいてい別の誰かと会ってエッチしたケースです。

 

こうなると、もうこっちは相手にしてくれません。

 

しかたがないから、別の女を探そうと思ってあきらめかけた頃、遥から返信が来ました。

 

会いたいというので早速待ち合わせしてみると、遥は小柄な女でした。

 

待ち合わせしたのは、東海道線三島駅の東口です。

 

そこを指定したのは遥でしたが、彼女は15分ほど遅れてきました。

 

遅れた理由を、遥は家から遠いから間に合わなかったと言っていました。

 

出会い系では、地元で会うと誰かに見られる可能性があるので、隣町など少し離れた場所で会うのが普通です。

 

しかし、中には人に見られるのを極端に警戒する女がいて、家から1時間以上かかる場所で待ち合わせすることもあります。

 

遥はおそらくそのパターンなのでしょう。

 

会ったときから少し疲れた顔をしていたし、きっとお腹もすいているだろうと思ったので、「何かたべようか」と言うと機嫌よくうなづきました。

 

三島駅の近くにインド料理の店があるので、僕たちはそこに行くことにしました。

 

この店はナンが食べ放題でおいしいし値段も安いので、かなりお得な感じでした。

 

遥はナンをおかわりしたので、かなりお腹がすいていたようです。

 

僕たちは食事をしながら、いろいろな話をしました。

 

遥は人妻でしたが、結婚して3年になるのにまだ子供がいません。

 

彼女の悩みは、どうやらそこにあるようです。

 

遥が結婚した相手は資産家の息子で、いわば彼女は玉の輿でした。

 

そんな彼女がなぜ出会い系をやるのかわからないし、A型限定で会いたがるのも謎です。

 

そのことを聞いてみると、「それはエッチをすると決めた人にしか話さない」と彼女は言うのです。

 

だったら、まず遥がエッチしたくなる雰囲気に持っていく必要があります。

 

僕は車で来ていたので、食事が終わると遥をドライブに誘いました。

 

「どこに行きたい?」

 

僕はシートベルトを締めながら尋ねました。

 

「うーん、わからないからまかせる」

 

おそらく、彼女の家は三島ではないので、このへんのことはあまり知らないのでしょう。

 

「じゃあ、海を見に行こうか」
「あ、それいいね!」

 

というので、僕は沼津駅の方角に向かいました。

 

道路は空いていたので、スムーズに走れてすぐに沼津駅が見えてきました。

 

ここからどっちに行こうか考えて、僕はハンドルを左に切りました。

 

「この先に沼津港深海水族館というのがあるんだけど、行ってみる?」

 

すると遥は「ちょっと待って」と言ってスマホを出して検索しました。

 

「えー、やだー」

 

途端に、検索していた彼女の顔が曇りました。

 

「ん、どうしたの」
「見てよこれぇ、何だか気持ち悪い」

 

そう言って遥が見せてくれたスマホの画面には、グロテスクな深海魚がアップになって映っていました。

 

「ハハハ、ここはやめようか」
「うん、別のとこがいい」

 

どうやら、深海水族館は彼女のお気に召さなかったようです。

 

そんな場所に連れて行ったら、僕はエッチさせてもらえなくなります。

 

僕は深海水族館を通り過ぎて、さらに車を走らせました。

 

「じゃあ、伊豆マリンハーバーに行ってみようか」
「それ、どんなとこ?」

 

遥は、また変なところじゃないかと心配みたいです。

 

「ヨットハーバーだよ。クルーザーとかたくさん停泊しているし」

 

僕は笑いながら答えました。

 

うん、そこなら行ってみたい

 

彼女はそう言って、一度僕のほうを見てから視線を前に戻しました。

 

助手席に座る遥のミニスカートから、白い脚が伸びています。

 

遥はさかんにその脚を組み替えるので、僕はそれを横目で見ながらドキドキしていました。

 

マリンハーバーに着くと、僕たちは車を停めて外に出ました。

 

ハーバーには、数十隻のクルーザーが停泊しています。

 

「うわあ、きれいねえ」

 

遥は海を眺めて感嘆の声を上げました。

 

「海は好きなの?」

 

まぶしそうに水面を見つめる遥に尋ねました。

 

「うん、大好き」
「じゃあ、海にはよく来るんだ」
「ううん、めったに来ない。海まで遠いもん」

 

これで、遥が海から離れた場所に住んでいることがわかりました。

 

僕は遥と並んで海を見ながら、そっと手をつないでみました。

 

ここで彼女がどんな反応をするかが、これからの展開にかかっています。

 

三島市でA型限定で会いたいという人妻にドライブ中に種付けセックス

 

遥は、だまってつながれたままでした。

 

手を振りほどこうとするわけでもなく、かといって握ってくることもありません。

 

「やっぱりねー」

 

遥が笑います。

 

「えっ、何が?」
「そろそろくる頃だと思ったよ」

 

遥は僕を見て笑い、握った手に少し力を込めました。

 

「そろそろ行かない?」

 

遥がうながします。

 

「ああ、そうだね」

 

僕たちは手をつないだまま車に戻りました。

 

来るときとは違って、遥は帰り道では自分のことをいろいろしゃべってくれました。

 

きっとそれだけ打ち解けてきたということでしょう。

 

僕は、これでエッチまでまた1歩近づいたと感じながら、彼女の話を聞いていました

 

遥は玉の輿結婚をしたのはいいものの、姑とうまくいかなかったようです。

 

姑は遥に子供ができないのを理由に、彼女を追い出そうとするのだそうです。

 

しかし、子供ができない原因が女にあるとは限りません。

 

遥の夫の精子が少なくて妊娠しにくいのは、病院の検査でわかっていました。

 

そのことは姑も知っているのに、遥に意地悪するのです。

 

このまま子供ができないと、せっかくつかんだ玉の輿を失うことにもなりかねません。

 

遥は自分の身の安泰と姑への復讐のために、出会い系をやるようになったようです。

 

つまり、出会い系で男とセックスして、妊娠したら産むつもりなのです。

 

そして、遥がA型にこだわったのはもちろん、彼女の夫がA型だからでした。

 

「そういう話をしてくれるということは、僕は合格なんだね?」
「フフフ、そういうこと」
「やったー!」

 

僕はハンドルをたたいて声を上げました。

 

「もう、まるで子供みたい」

 

遥はちょっとあきれた顔をしています。

 

だけど、僕はうれしくてたまらなかったのです。

 

だって、やっと苦労が実って遥とセックスできるんですから!

 

「じゃあ、キスしてもいいかな」
「ちょっと待って、その前に最終試験があるのよ」
「えっ、最終試験?」
試験ってほどでもないけど、おちんちん見せてもらえる?
「えっ、ここで?」
「そう」
「いいけど、でもどうして?」
「いいから見せるの、見せないの?」
「わかった、見せるよ。でもあんまり自信ないんだよね」
「いいの、大きさを見るんじゃないから」

 

次の信号で停止したときに、チャックを下ろしてペニスを引き出しました。

 

半立ちだったペニスが、眠りから覚めた生き物のように起き上がってきます。

 

遥はしばらく僕のペニスを見てから、「もういいよ」と言って前を向きました。

 

「じゃあ、ラブホに行きましょう」
「ああ、わかった」

 

何が何だかわかりませんんが、とにかく遥とラブホに行けることになりました。

 

「最終試験って、何なの?」
「変な形をしてたら嫌だから、確かめてみただけよ」
「何だ、そういうことか」
「あんまり変なものを入れたくないもん」
「ああ、そうだね。ところでキスしていい?」
「うん、いいよ」

 

僕は次の信号で止まったときにキスをして、ついでに胸を揉みました。

 

「こら、おっぱいは許可してないぞ」

 

遥が軽く僕の手をたたきます。

 

「おっぱいやわらけ~」
「もう、おっぱいはみんな柔らかいでしょう?」
「そうだけど、触るの久しぶりだから」
「そうなんだ。ずっとしてないの?」
「まあね」
「そうか。じゃあすぐしたい?」
「そりゃあしたいけど、いいの?」
「どこか停められるとこ探して」

 

たぶん、遥もしたくなってきたのでしょう。

 

僕は脇道に入って、人目につかない場所に車を停めました。

 

「すぐ終わってね」
「ああ、わかった」

 

すでに遥が興奮しているのがわかります。

 

彼女はおそらく、こういうスリリングなセックスが好きなのでしょう。

 

遥は急いでパンティを脱ぎ、僕はズボンを下ろした格好で、助手席のリクライニングを倒して挿入しました

 

「あっ、あっ、早く終わって、誰か来ちゃう、あっ、あっ」

 

遥はダッシュボードに足を乗せ、フロントガラスを蹴っています。

 

「あうう、出すよっ」

 

僕は狭い助手席で、ぎこちなく腰を振って射精しました。

 

顔を上げて外を見ると、誰かがこっちに近づいてきます。

 

「あっ、誰か来る!」
「えっ、やだ、どうしよう!」

 

僕は急いでズボンを上げて、車を発進させました。

 

それから僕たちは、三島駅から3キロほど離れた高速の近くにあるラブホテルに入ってセックスしました

 

遥とはこれきり会っていないので、彼女が妊娠したかどうかはわかりません。

 

全国で会いたい方におすすめ ご近所idol

 

ご近所idol

 

全国で会いたい方におすすめ

↓↓↓↓↓

ご近所idol