長野県の出会い系・親が決めた結婚に不満で結婚式直前に遊ぶ女を長野でゲット

親が決めた結婚に不満で結婚式直前に出会い系で遊ぶ女を長野でゲット

MENU

長野県の出会い系・親が決めた結婚に不満で結婚式直前に出会い系で遊ぶ女をゲット

親が決めた結婚に不満で結婚式直前に出会い系で遊ぶ女をでゲット

 

「長野県長野市 45歳 会社員 男性 N.T」

 

最近出会い系で会った女の子の中に、マリッジブルーで悩んでいる子がいました。

 

彼女はそのために出会い系を始めたようです。

 

仮にその子をS子と呼ぶことにしましょう。

 

S子は25歳で、親が決めた相手と結婚することになっていました。

 

親どうしが昔から仲良しだったので、お互いの子供を結婚させようと決めていたらしいのです。

 

でも、そんなのは親の勝手な考えですから、子供にとっては迷惑な話です。

 

しかし、S子はやさしい女の子なので、親を悲しませるようなことは言いたくないようでした。

 

それでも、やっぱりS子は納得がいかないらしく、いろいろ考えた末に出会い系をやることに決めたらしいのです。

 

ちょっと話がわかりにくいかもしれませんが、彼女はこれまでに、2人の男としかセックスの経験がないのだそうです。

 

つまり彼女の希望は、結婚するまでにもっといろんな男に抱かれてみたいということなのです。

 

「友達は、少ない子でも5人の男と付き合っていて、一番多い子は20人くらいの男と付き合ってる。なんだか私だけ取り残されたような気がする」

 

S子はそんなふうに言っていました。

 

僕がS子と知り合ったのは、「LovePeace」という出会い系でした。

 

メールですぐに意気投合して会うことになり、彼女と待ち合わせたのはJR長野駅の善光寺口でした。

 

僕たちは近くの喫茶店で話をしましたが、そこでS子は「結婚前に3人だけエッチしてみようと思った。あなたが3人目なの」と言ったのです。

 

しかし、僕は彼女より20歳も年上で、親子といってもいいくらい年が離れています。

 

「3人目が僕でいいの?」

 

僕は正直に聞いてみました。

 

もちろん、こんな若い子とセックスできるなら、うれしいに決まっています。

 

しかし、彼女の気持ちはわかりません。

 

すると彼女は、「別に誰でもいいから」と、ちょっと投げやりにも聞こえる言葉を口にしました。

 

どういうことなのか聞いてみると、S子は来週結婚することがわかりました。

 

出会い系で3人の男とエッチすると決めてから、彼女は会う相手を吟味したそうです。

 

しかし、そのために時間がかかりすぎてしまい、3人目を決めようとして気づいたときは、結婚式の一週間前だったのです。

 

そのため、誰でもいいからとりあえず選んだのが、僕だったわけです。

 

それは、僕にとってはラッキーなことでした。

 

これまで何度か出会い系で女をゲットしましたが、みんな同年代かもっと年上だったので、S子のような若い子は初めてでした。

 

「さて、これからどうしようか」

 

いつまでも喫茶店にいてもしかたがないので、僕は酒を飲みながらいい雰囲気にもっていきたいと思いました。

 

「よかったら食事でもしない?」
「そうね、だったら行きたい店があるんだけど」
「どんな店?」
「それは行ってからのお楽しみ」

 

何やら彼女はもったいをつけています。

 

僕は高い店だったらどうしようと思いながらも、ここで渋って機嫌を損ねたらエッチできなくなるかもしれないと思って、一緒に行くことにしました。

 

その店は、長野駅南交差点を通り過ぎて、左の路地裏に入ったところにあるイタリア料理店でした。

 

ちょっとわかりにくい場所にあるので、大人の隠れ家的な雰囲気を持った店です。

 

メニューを見るとそれほど高くないので、とりあえず僕はホッとしました。

 

サラダも野菜がたっぷりで食べ応えがあるし、彼女がおすすめだという、小エビが入ったトマトベースのパスタも絶品です。

 

僕たちはスパークリングワインで乾杯して、ゆっくり食事をしました。

 

「どうしてこの店を知ってるの?」

 

と尋ねると、S子は長野市内にある大学に通っていたと話してくれました。

 

親が決めた結婚に不満で結婚式直前に出会い系で遊ぶ女を長野でゲット

 

彼女は、その頃付き合っていた彼氏と、よくこの店に来たそうです。

 

つまり、S子にとってこの店は、思い出の店ということになります。

 

「久しぶりに来たけど、全然変わってない」

 

S子は店の中を見回して、思い出にふけっていました。

 

彼女は、その彼氏とどんな付き合いをしていたのでしょうか。

 

僕はちょっと気になったので、聞いてみることにしました。

 

「その彼氏って、もしかして最初に付き合った人?」

 

すると彼女は黙ってうなづきました。

 

「ということは、処女を捧げた彼氏だね」

 

ずい分オヤジくさいセリフだなと、僕は言ったあとで思いました。

 

「まあ、そういうことになるけど」

 

僕はこの頃から、S子がだんだん暗くなっていくのに気がつきました。

 

「急に元気がなくなったけど、どうしたの?」

 

すると彼女は暗い顔のまま、こう言ったのです。

 

「その人、交通事故で死んじゃったの」
「えー、マジで!」

 

僕はとんでもない地雷を踏んでしまったようです。

 

こんな会話になったら、もうラブホテルに行くような雰囲気ではありません。

 

「今夜はだめか…」

 

僕は心の中でつぶやきました。

 

せっかくここまできたのに、今夜はS子を抱けないまま帰ることになりそうです。

 

でも、なぜS子はこんな悲しい思い出がある店に来ようと思ったのでしょうか。

 

しかも、出会い系で会った僕なんかと…。

 

それが不思議だったので、僕は聞いてみました。

 

すると彼女はさみしそうに笑って、「もう何年も前のことだから吹っ切れたかなと思って」と答えてくれました。

 

どうやらS子は結婚を目前にして、前カレとの思い出の場所に来て区切りをつけたかったようなのです。

 

「今まで何度もこの店に来ようと思ったけど、どうしても来れなかったの」
「そうか、わかったぞ。もう結婚式まで一週間しかないから、来るなら今日しかないと思ったわけだ。僕が一緒なら来れると思ったんだね?」

 

すると彼女は黙ってうなづきました。

 

だから、あなたには感謝してます。これではっきり区切りがつきました

 

S子は僕に向かって頭を下げました。

 

「よし、じゃあもう一度乾杯しよう。ここのスパークリングワインはおいしいから、同じやつでいいかな?」
「はい、それでいいです」

 

僕は店の人を呼んで同じボトルを注文しました。

 

ついでに生ハムの盛り合わせなどを頼んで飲み直しです。

 

僕は今夜はベロベロに酔っぱらうつもりでした。

 

だって、もうS子とはセックスできないから、飲むしかありません。

 

早いペースで僕がグイグイ飲むのを、S子が心配そうに見ています。

 

「あの、あんまり飲みすぎないでくださいね」
「いやいや、大丈夫だから」
「でも、これからラブホテルに行って私とエッチしてくれるんですよね?あんまり飲みすぎたら困るんですけど」
「えっ、ラブホテル?」
「しっ、大きな声で言わないで」
「ああ、ごめん」

 

僕は何が何だかわかりませんでした。

 

「だって、今夜はもうラブホテルに行くような気分じゃないでしょ?」
「どうしてですか?」
「どうしてって…死んだ彼氏の思い出に浸ってるから」

 

するとS子はフフフと笑って、「だからそれはもう吹っ切れましたから」
「ああ、そうか。だったらもう飲まない。ちんちん立たなかったら困るからね」
「やだもう、女の子の前でちんちんだなんてぇ」

 

S子は口元を押さえて明るい声で笑いました。

 

「じゃあ行こうか」

 

彼女とセックスできるとわかった途端、僕の股間に活力がみなぎってきました。

 

「ちょっと待って、この店のブルーベリータルトはとってもおいしいの。最後に食べてもいいでしょ?」

 

おそらく、ブルーベリータルトも、彼氏と一緒に食べた思い出の味なのでしょう。

 

S子は彼氏の思い出のすべてに、区切りをつけようとしていました。

 

「じゃあ僕も食べようかな」
「うん、一緒に食べよう!」

 

僕たちは仲良くブルーベリータルトを食べて店を出ました。

 

店を出ると2人とも無言でした。

 

僕は駅前まで戻ってタクシーを拾い、長野駅から北に2キロほどの距離にあるラブホテルに向かいました

 

部屋に入るとシャワーを浴びて、「あまり上手じゃないけど」と言いながら、S子がフェラチオしてくれました。

 

確かにたどたどしい舌遣いでしたが、それがかえって新鮮でした。

 

挿入するとS子は熱い息を吐いて喘いでいましたが、とうとう最後まで彼女はイキませんでした

 

全国で、幅広い年齢層におすすめ LovePeace

 

LovePeace

 

全国で、幅広い年齢層におすすめ

↓↓↓↓↓

LovePeace